初診の方

再診の方

三軒茶屋の歯科 口コミ・評判の歯医者
ドクターズファイル
ボックスのボトム

子供(赤ちゃん、幼児)の歯磨き

子供(赤ちゃん、幼児)の歯磨き

子供(赤ちゃん、幼児)の歯磨き

3歳以下のお子さんのほとんどは、歯ブラシが大嫌いです。とくに 2 歳前後に嫌がるピークがあります。ただ、歯磨きをしないと虫歯になってしまう可能性がありますので、 1 日 1 回は抑えてでもきちんと磨いてください。どんなに嫌がるお子さんでも毎日続けていれば、遅くても 3 歳半くらいには、きちとんとできるようになります。できる限り小学生高学年までは仕上げ磨きや検査をしてあげてください。

生まれたての赤ちゃんのお口の中に虫歯の菌はいません。 お母様や周囲の方の唾液などを介し、徐々に感染していくのです。

感染の窓といわれる生後1才7ヶ月~2才7ヶ月(乳歯の生えそろうころ)が最も注意が必要です。この時期を乗り切れば、虫歯になりにくいお口の環境になります。お箸を共用したり家族の唾液が触れたものが赤ちゃんのお口に入らないよう気をつけて下さい。 また、できる限り家族の方は生まれる前に虫歯の治療を済ませておくことをお勧めします。

1 日 1 回でもきちんと歯磨きをすることが大切です。自分きちんとできるようになるまでは、お膝の上に寝かせて奥歯までしっかり磨いてあげましょう。歯ブラシもお子様の歯の状態に合ったものを使うことが大切です。

子供(赤ちゃん、幼児)の歯磨き

歯磨きは、回数を多くやるよりも、 1 日 1 回でもきちんと磨いている方が効果が高いといわれています。歯に汚れがたまり、虫歯菌が増殖して酸を出し、歯を溶かす(虫歯になる)までには数日以上かかるといわれています。そのため、歯磨きが不十分で虫歯になってしまったとしたら、おそらく数週間~数か月間その場所の汚れが除去されていなかったと考えられます。ですので、このような場合は、 1 日の歯磨きの回数をむやみに増やすのではなく、 1 日 1 回でもきちんと磨くことが虫歯予防に効果的です。とくに、虫歯菌は唾液の減る夜間に増殖しますので、寝る前の歯磨きが一番大切です。もちろん、歯磨きには虫歯や歯肉炎の原因となるプラーク(歯垢)を除去するという目的だけでなく、口臭の原因にもなる食べカスなどを除去する目的もありますので、毎食後の歯磨きも大切です。

このようなことから私たちは、朝と昼は本人(または保護者の方)が磨き、夜は必ず保護者の方が仕上げ磨きをすることをお勧めしています。( 0 歳から 8 歳以上まで)

1 日 1 回デンタルフロス(少なくても 1 週間に 2 回)

子供(赤ちゃん、幼児)の歯磨き

歯と歯の間の虫歯を予防するにはデンタルフロスしかありません。 食べカスが詰まっていなくてもきちんとやりましよう。

歯と歯の間に隙間がない場合などでは、小さなお子さま( 2 歳から)でもデンタルフロスが必要です。目で見て歯と歯の間に隙間がなければ歯ブラシの毛先が届いていない可能性があるので 1 日 1 回はデンタルフロスでお掃除してください。とくに 6 歳くらいになると永久歯の奥歯が生えてくることで今まであった歯と歯の隙間が詰まり、汚れがたまりやすくなることで、歯と歯の間の虫歯が急増します。仕上げ磨きの際に一緒にデンタルフロスもしてあげてください。とくに小さなお子様では片手でできるホルダー付きのフロスが使いやすくお勧めです。

1 日 1 回フッ素ジェル・ミネラル(仕上げ磨きの後に)

歯質そのものを丈夫にするために、仕上げ磨きの後に歯ブラシにつけて塗りましょう。

通常の歯磨き粉とは使用方法が異なりますので、かならず使用方法を確認してください。一般的には、初めの通常の歯磨きを行い歯の汚れを除去した後に歯ブラシにつけて歯に塗り込みます。そのあとは 20 ~ 30 分間はうがいや飲食はせずにできるだけフッ素ジェル・ミネラルが歯の表面に接している時間を持続させます。また、子どもの虫歯を予防するためには通常の歯磨き粉は必ずしも必要ではありません。とくに仕上げ磨きの時に歯磨きをつけて磨くと泡で歯がよく見えなかったり、子どもが息苦しくなったりして十分に磨けないことがあるので使用しないほうがいいとされています。また、フッ素入りは磨き粉を使用していても、最後にフッ素ジェル・ミネラルを塗ることをお勧めしています。


チェックアップ 牛乳由来タンパク質が入っています。MIペースト


当院での取り組み

当院での取り組み

カウンセリングルームでしっかりとお話を聞かせていただきます。

お子さまに最適な歯磨き方法は、年齢や歯磨きの好き嫌いだけでなく、歯並びや歯ぐき、食生活習慣などを考慮してそれどれのお子さまに最適な方法を知り、習得する必要があります。とくに歯磨き方法の習得時期は、手先の動きが器用になり、歯磨きの重要性も理解できるようになる4~6歳から、思春期の始まる前の7~9歳までが最適です。また、歯磨きの習得は 1 ~ 2 回の練習で身につくものではありません。少しずつ何回にもわけて、定期的に練習することが大切です。