初診の方

再診の方

三軒茶屋の歯科 口コミ・評判の歯医者
ドクターズファイル
ボックスのボトム

インプラントQ&A

インプラントQ & A

Q. インプラントは誰でもしてもらえますか?

インプラント

A. 歯周病が進行している場合や全身的疾患のある場合、インプラントはできないこともあります。

歯周病が進行している場合や全身的疾患のある場合 、インプラントはできないこともありますので、精密検査を行い、じっくりカウンセリングを行います。また、顎の骨の状態によってはできない場合もあります。

Q. インプラントをすると、どれくらい噛めるようになりますか?

A. 入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。

入れ歯が粘膜に支えられるのに対して、インプラントは顎の骨に支えられます。このため入れ歯につきものの大きなプラスチックや金具が不要でガタつくこともありません。ですから、入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。

Q. インプラントはどのくらいもちますか?

A. 何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。

インプラントはチタン製でとても丈夫で生体親和性が良いので、何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。しかし、はみがきを十分にしないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯周病のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてグラグラ動いてしまいます。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりとはみがきし、必ず定期検診を受けてチェックと指導をしてもらわなければなりません。

また上部構造は年々噛み合わせが変化したり、素材の劣化が考えられるので変える必要が出る場合があります。定期的なメンテナンスをしっかり守られることが前提で、当院ではインプラント体は10年保証・上部構造は5年保証です。

Q. 治療の成功率はどのくらいですか?

A.95 %以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。

成功率を分析するために複数の病院で 1003 人の患者さんに計 2359 本のインプラントを入れ、 8 年間に渡って追跡調査した文献報告では、 95 %以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。

院長が埋入したインプラントは現在、上顎0本、下顎1本のみ脱落した経験がありますが、再オペでリカバリーして現在は治療を完了しています。

Q. どこまで自然に近づきますか?

A. 自然に近い状態に復元することができます。

自然の歯とまったく同じ、と言うわけにはいきませんが、自然に近い状態に復元することができます。特に、入れ歯で問題になる「落ちる」「噛めない」「味が分からない」などの問題点は、インプラントの場合、はるかに自然に近い状態になります。

Q. 何本入れればいいのですか?

A. 歯一本に対して必ずしも 1 本のインプラントを入れる必要はありません。

抜けた歯一本に対して必ずしも 1 本のインプラントを入れる必要はありません。また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合は、少ない数のインプラントで大丈夫です。ただし骨の状態(密度等)によっては本数が必要になることがあります。

Q. 治療期間はどれくらいかかるのですか?

A. 12~24 週間かかります。

一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが、12~24 週間かかります。 その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。インプラントの種類によってはインプラント手術の後、数週間で上の歯まで入れることができます。(顎骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。)

Q. 治療費はどのくらいかかりますか?

A. 上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。事前によく相談して下さい。

インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険はききません。 使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。カウンセリングの際に最終的な治療費を出しますが、少し気になっている方は大まかな金額をお伝えしますので気軽にお声掛けください。

Q. 手術はこわくありませんか? 痛くありませんか?

インプラント

A. しっかりとした局部麻酔をかけますのでほとんど痛みは伴いません。 手術の種類、インプラントの本数にもよりますが、手術のとき、局部麻酔をかけますのでほとんど痛みは伴いません。イメージとしては歯を抜く手術に近いでしょう。

また、必要であれば静脈内鎮静を併用いたしますのでリラックスして受けられます。

Q. 手術後の注意は?

A. はみがきは手術当日は手術をした部位は避けて他は通常通り行ってください。その後は先生の指示に従って下さい。

2~3日が腫れているピークになるのでその間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないで下さい。 また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けて下さい。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。

Q. 治療後に注意することはありますか?

A. 定期検診によるメインテナンスが重要となります。

治療後の手入れが重要です。日々のセルフケアーと歯科医院での定期検診によるメインテナンスが重要となります。

Q. インプラント治療に年齢制限はありますか?

A. 条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

最低 16 歳以上 ( 骨の成長がほぼ終了 ) で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限り、どなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。

Q. インプラント治療に適しているのはどんな人ですか ?

A. 一概には言えませんが、一般的な成人はほぼ問題なく出来ます。

適しているかどうかの判断は、顎の骨の量に関係しますが、重い全身疾患などの問題がない限り、ほとんどの成人はインプラント治療が可能です。治療の前には、必ずインプラント埋入手術が可能かどうか精密検査をおこないます。

Q. 手術には入院が必要ですか ?

A. ほとんどの場合、入院の必要はありません。

埋入する本数にもよりますが、ほとんどの場合、入院の必要はありません。手術後にインプラントが骨と結合するまでの時間を安静に過ごすことが大切となります。

Q. インプラントを骨に埋入することで、身体に影響はありますか ?

A. 体に悪い影響はありません。

チタンのインプラントは生体 ( 人体 ) になじみやすく腐食しないもので、拒絶反応を起こさないことが証明された材質です。体に悪い影響はありません。

Q. インプラント埋入手術後、外観上の問題はありませんか ?

A. 外観上の問題はまったくといっていいほどありません。

人工歯冠は色や形状がかぎりなく天然歯に近く作られているので、外観上の問題はまったくといっていいほどありません。 1 本~数本埋入する場合も、他の歯に合わせて人工歯冠を選べますので、天然歯との違和感は生じません。

Q. インプラントの上部構造は壊れやすいですか ?

A. 噛みあわせは日々かわっていきますので、定期的に検査を行っていれば通常の歯の被せ物とほとんど変わりません。

ご自身の歯でも欠けてしまうような固い物を噛んでしまったときなどには、まれに破損することもあります。保証期間の場合には歯型を取り、作り直しになります。ただ、定期的な検査を怠った場合は保証外になりますのでご了承ください。

インプラントにおける術後のリスクは、周囲炎の可能性があるためメンテナンスが必要。

 

料金表 (全て税抜き)

インプラント本体・アバットメント代(土台) 300,000円=基本料金
術前検査料 基本料金に含む
CT撮影料 基本料金に含む
CT解析
(専用ソフトを用いて行うシュミレーション)
基本料金に含む

上部構造=被せ物

ハイブリットタイプ 80,000円
メタルボンドタイプ 100,000円
オールセラミックタイプ
(セラミックのアバットメントは別途)
120,000円

義歯性上部構造

金属床義歯 基本料金+150,000円
コバルトクロム床義歯 基本料金+200,000円
チタン床義歯 基本料金+300,000円
骨増生術(GBR) 50,000円
抜歯窩治癒促進剤(テルプラグ) 5,000円 / 本
静脈内鎮静 70,000円